最新エントリー


過去アーカイブ

帯広調理師専門学校入学案内資料請求(帯広,札幌,釧路,旭川,北見,函館)
オープンキャンパス 道内各地(帯広,札幌,釧路,旭川,北見,函館)からのご参加お待ちしております
募集要項
高校生の方
社会人の方
保護者の方
求人情報
社会人学費サポート
個別相談会
学生サポート
ル・カルフール
帯広学園グループ
フォトギャラリー
帯広調理師専門学校携帯ホームページ

帯広調理師専門学校案内

お別れ会

2013年2月27日

2月26日、39期生のお別れ会が開かれました。

保護者の皆様を招いて、一年間 支えてくださった感謝の気持ちを伝えるために開かれたものです。

 

   

 

生徒が日本料理、西洋料理、中華料理、スープ、デザート班に分かれ13品を作りました。

授業で一年間培った腕前を披露し、保護者の方に味わっていただく初めての機会。

生徒は真剣な眼差しで、食材を切り、調理し、丁寧に盛り付け、料理を仕上げました。

 

保護者の皆様からは、「いろどりがきれいで盛り付けも素敵。」「家庭料理とは味が一味違う。」

「手打ちそばが美味しい!」「学校に通うようになって変わった。本当に良かった。」など、

とてもうれしいお言葉をいただきました。

 

 

生徒も「一年間通わせてくれてありがとうございます。」「これから働いて、一人前の社会人になります。」

「いつもは言えないけれど、感謝しています。」などなど。

それを聞いた保護者の方が涙ぐむ場面も・・・。

 

生徒がこの学校で料理を作るのも、これが最後の日。

毎日の授業、3回のコンクール、いろいろな行事、テストと駆け抜けるように過ぎた一年。

忙しい日々に頑張りぬいた皆さんは、とても大きく成長しました。

 

卒業式は3月19日。

一年間の誇りと、調理師一年生の謙虚な気持ちを胸に社会へ羽ばたいて下さい。

 

 

オープンキャンパス

2013年2月19日

2月9日(土) 西洋料理実習のオープンキャンパスが開かれました。

 

メニューはハンバーグステーキ ~マッシュルームソースシーフードサラダ ~黒コショウ風味

講師は当校の西洋料理実習の担当講師 北海道ホテル 取締役総料理長の工藤先生でした。

今回はソースがポイントです。缶のデミグラスソースに玉ねぎ、赤ワイン、バターにマッシュルームを

加えることによって、家庭とは一味も二味も違うプロの味に近づいたのではないでしょうか。

ハンバーグは材料をこね、フライパンで焼き色をつけた後、オーブンで焼き上げました。

焼きあがったハンバーグはどれも、ふっくら、ジューシー! 美味しそう!

 

プロの丁寧な調理の工程を間近で見て、感じて、味わって、料理の道に興味を持っていただけたら幸いです。

次回のオープンキャンパスは3月9日(土)13~16時、製パン・製菓実習です。

メニューはピッツアフィナンシエ

ご参加お待ちしております!

 

 

39期 卒業料理コンクール 開催!

2013年2月14日

 39期 卒業料理コンクールが2月13日(水)行われ、39人の生徒が1年間で磨いた料理の腕を発揮しました。

学校で調理した作品をとかちプラザで展示し、たくさんの一般のお客様にご覧いただきました。

ありがとうございました。

 

2ヶ月前から準備してきた生徒たち。

年が明けてからは、オリジナルレシピを完成させるために試行錯誤の毎日。

コンクール前は連日 放課後に残り練習してきました。

そして、「魚介類をメインとして季節の野菜を活かした料理」をテーマに1年間の集大成が出来上がりました。

 

調理師会の先生方が基本技術や、手順、素材の活用性、実用性などを審査した結果、

最優秀賞に輝いたのは中村 祥(なかむら あきら)さん<中国料理部門>。

「”原点” ~1年分の感謝をこのフルコースに~」

 

くらげの冷菜、海老のチリソース、カニあんかけチャーハン、鯛のから揚げ、点心など12品を作りました。

規定課題(大根の桂むき・じゃがいものシャトー・きゅうりの細切り)、自由課題ともに

高評価を得ての受賞でした。

 

この他の入賞者は以下の通りです。

【優秀賞】日本料理の部 市川 綾子

      西洋料理の部 長崎 麻理子

      中国料理の部 葛西 佑輔

    

   日本料理部門優秀賞      西洋料理部門優秀賞       中国料理部門優秀賞

    

【特別賞】●学校長賞  上田 有希、市川 実

  

      上 田              市 川

 

●十勝毎日新聞社賞  大路 智紀

 

●佳作  安藤 里奈、久保 亜弥、小川 雅代

   

                    安 藤              久 保               小 川

  

皆さんの日々の頑張る姿、そしてすばらしい作品に驚かされたと同時に感動しました!

本当にお疲れ様でした!

 

トップページに戻る