最新エントリー


過去アーカイブ

帯広調理師専門学校入学案内資料請求(帯広,札幌,釧路,旭川,北見,函館)
オープンキャンパス 道内各地(帯広,札幌,釧路,旭川,北見,函館)からのご参加お待ちしております
募集要項
高校生の方
社会人の方
保護者の方
求人情報
社会人学費サポート
個別相談会
学生サポート
ル・カルフール
帯広学園グループ
フォトギャラリー
帯広調理師専門学校携帯ホームページ

帯広調理師専門学校案内

サホロ研修

2012年4月27日

今週の24日(火)、25日(水)の一泊二日でサホロ研修に行ってきました。
生徒全員で新得のサホロリゾートに宿泊しながら調理人、サービスマンとしての心構えなどについての講習、厨房見学、フルコースディナーのマナー講習、そして翌日のスポーツレクという、宿泊研修です。


厨房見学では、和食部門では蕎麦打ちに挑戦!初めて握るそば切り包丁に悪戦苦闘していた生徒も。
洋食部門では厳しい総料理長に多くの事を教わりました。「一人前の調理人になるためには、貪欲であることが最も大事」この研修で一番生徒達の心に響いたのではないでしょうか。

帯調に入って初めて食べるフルコースディナーでは、テーブルマナーを基礎から教わりながら、また、使われている食材、料理の名前の意味、などなど教わる事が目白押し!!でも、「料理は楽しく食べる事が一番大事」これも大切な事。講師の方の粋なジョークに空気もなごみ、生徒達も初めの緊張も徐々にほぐれ、美味しく楽しく食事を頂きました。

翌日は近くの体育館に移動して、ミニバレー大会!11チーム総当たり戦で盛り上がり、クラスの輪も一気に広がりました。この絆で、一年間のハードなカリキュラムを乗り越えていってほしいと思います!!
帯広調理師専門学校
帯広市東10条南13丁目
TEL:0120-980-862(通話無料)
0155-26-1088 
FAX:0155-21-8720

コーヒー講習を行いました!

2012年4月20日


昨日、コーヒー専科ヨシダの高橋専務をお迎えして、特別講習の一つである「コーヒー講習」を行いました。
洋食の最後の締めに欠かせない、コーヒー。
また、お茶の時間に飲む、ホッと一息入れるのにぴったりの、コーヒー。
世の中見渡せば、缶コーヒーやコーヒー飲料、コーヒーショップ、インスタントコーヒー、自宅で豆から入れるコーヒーなどなど・・・さまざまなコーヒーがありますが、皆さんはどんなコーヒーが好きですか?
今回のコーヒー講習では、豆の種類に始まり、焙煎方法、挽き方、そして落とし方(お湯の温度、湯の注ぎ方など)を教わり、各実習班で実際に落としてみました。

どの班も、同じ豆、同じ焙煎、同じ挽き方の豆で落としましたが、どの班もコーヒーの味が違うんです!!

淹れた後は、飲み比べ・・・どうして同じ豆なのに味が違うの??
何度も入れてみて、自分の味が見つけられると、嬉しいですよね!!
私(職員です)は、休みの日に朝食を食べた後、豆をゴリゴリと挽いて落として飲むコーヒーが、好きです。台所に広がるコーヒーの香りが、心を癒してくれます。。。
帯広調理師専門学校
帯広市東10条南13丁目
TEL:0120-980-862(通話無料)
0155-26-1088 
FAX:0155-21-8720

当校 日本料理講師、二つ星獲得!

2012年4月18日


当校には日本料理調理実習の講師が3名おりますが、そのうちの一人、木幡好斗先生のお店「日本料理 八寸」が、今週の20日に発売される、「ミシュランガイド北海道2012特別版」に十勝管内で唯一、二つ星として掲載されることが発表されました!!!
(掲載記事は十勝毎日新聞 4月11日付)
日本料理の基本の出汁がとっても美味しい木幡先生のお料理を、生徒たちは学ぶのを楽しみにしています。木幡先生の授業の初回は5月10日です。
今日は中国料理の実習でした。先週、座学で基本を学び、今日から早速実践です。
初回の今日は、きゅうりの切り方でした。

きゅうりの切り方???
そんな、簡単な・・・と思うかもしれません。
でも、大きくてよく切れる中華包丁を使って、形をきれいに揃えて切るのは、主婦経験が豊富な方でも難しいのです。
今日は2人の生徒が、包丁で手を切ってしまいましたが、これも経験。
これから沢山たくさん練習して、立派な調理師になろうね!
帯広調理師専門学校
帯広市東10条南13丁目
TEL:0120-980-862(通話無料)
0155-26-1088 
FAX:0155-21-8720

トップページに戻る