最新エントリー


過去アーカイブ

帯広調理師専門学校入学案内資料請求(帯広,札幌,釧路,旭川,北見,函館)
オープンキャンパス 道内各地(帯広,札幌,釧路,旭川,北見,函館)からのご参加お待ちしております
募集要項
高校生の方
社会人の方
保護者の方
求人情報
社会人学費サポート
個別相談会
学生サポート
ル・カルフール
帯広学園グループ
フォトギャラリー
帯広調理師専門学校携帯ホームページ

帯広調理師専門学校案内

9月のオープンキャンパスを実施しました!

2014年9月26日

  

去る9月20日(土)、オープンキャンパスを開催しました!

今回は日本料理で、「天丼」と「ほうれん草の胡麻和え」「しじみの味噌汁」を作りました。講師は本校の日本料理実習講師で、本校卒業生の、日本料理 八寸 木幡好斗先生が務めました。

 

今回は10月1日からの願書受付開始を目前にして、保護者の皆さんにも大変多くお越しいただきました。

また、高1.2年生の皆さんもたくさん参加して下さり、とても嬉しい限りです。

 

一班3人+本校の生徒が一人ずつ、サポートに入らせていただきましたが、初対面のメンバーなのに皆さんきちんと作業を分担して、とてもスムーズに調理実習は進み、予定より30分程早く、試食することが出来ました。アツアツ、揚げたての天ぷらをのせた、自分で作った天丼の味は、どうだったでしょうか!?

あっという間に間食、していた人もちらほら!

在校生にも、入学して半年の感想、将来の夢、そのために今何をがんばっているのかなど、聞かせてもらいました。

試食の後は、個別相談を実施。入試のこと、費用の事、学校生活についてなど、皆さんの質問にお答えさせていただきました。

 

 

次回のオープンキャンパスは11月29日(土)10時30分~14時

(申し込み締め切り 11月26日(水))

西洋料理調理実習(メニューは魚介類いっぱいのドリア、帆立とカラーポテト・半熟卵のサラダ!)を体験していただきます。

願書提出前までに、今年度実施のオープンキャンパスに参加した回数に応じて、入学検定料(1万円)の減額・免除制度があります。(1回参加で5000円に減額、2回以上参加で入学検定料免除)

高校生、保護者、当校への入学を検討している社会人の方ならどなたでも参加可能です!

皆さんの参加を、お待ちしております!

お菓子教室のご案内

2014年9月25日

平成26年度 「お菓子教室」を帯広調理師専門学校にて催し致します。

個人、ご友人お誘い合わせの上、是非ご参加下さいませ。

日 時    10/4、11/8の土曜日≪全2回≫   10~13時(予定)

 場 所    帯広調理師専門学校 調理実習室

 講 師   『パティスリーウエダ』       上田 敬一 氏    

 内 容    10/4(土) サクサクパリブレスト・・・クッキーシューの生地をのせて、サクサク食感に仕上げます。

                               クリームは、カスタードとキャラメルクリームです。

        11/8(土) ショコラ de ショコラ・・・チョコレート生地とガナッシュのケーキです。

 費 用   受講料2回コース 一組9,000円 (材料費・お持ち帰り箱含む)

※   試食・コーヒー付き。作ったお菓子をまるごとお持ち帰り頂けます。

※   受講料は初日に頂戴致します。

 定 員   12 組 (1組1~4人)

 お申し込み  9月30日(火)まで  ※定員に達し次第、受付終了。

※10月1日(水)以降のキャンセルは、受講料を頂戴いたします。 

お申込・お問い合わせ  

帯広調理師専門学校 TEL0155‐26‐1088   平日 9:00~17:00

              帯広市東10条南13丁目1           

持ち物   エプロン、三角巾、上靴、ハンドタオル、筆記用具

受講費(初日のみ)※お釣りのないようお持ち下さい。  

「コムニの里」様にお邪魔してきました!!

2014年9月18日

 先日、敬老の日に合わせて、建物が隣同士にある、「コムニの里おびひろ」様に生徒全員でお邪魔して、製菓実習で作った「抹茶小豆ロールケーキ」を入居されている皆さんにプレゼントしてきました。生徒達も、普段は自分たちで試食するのみですが、他の方に食べて頂くということで、いつも以上に実習にも気合が入って、一生懸命作り上げました。   

  

 

  

 

 

とてもありがたい事に、まだまだ調理師の「卵」の段階の生徒達が作ったケーキを、入居者の方々はとても喜んで下さいました。

また、お返しに入居者の方々の手作りの刺し子の布巾やアクリルたわしなど頂きました!

住まいである空間に大勢でお邪魔してきましたが歓迎して下さり、生徒達は、「自分が作った料理を食べて頂き喜んでもらえる」調理としてのやりがいを、それぞれに実感してきたようです。

トップページに戻る